デリバティブ証拠金規制対策セミナー~規制概要/国内金融機関対応状況について~~規制対応ソリューションについて~

  • 金融
  • 東京
  • 主催株式会社電通国際情報サービス

開催概要

プログラム

タイムテーブル 内容
16:00~17:00

『デリバティブ証拠金規制の概要と国内金融機関の対応状況について』
有限責任監査法人 トーマツ シニアマネージャー 大島 一朗 氏

平成28年9月から開始され、平成32年9月までデリバティブ取引を行う全金融機関が対象となる証拠金規制について、規制対応の概要やポイントを判りやすく説明いたします。

また、既に対応を実施しているメガバンクの対応状況をはじめ、国内金融機関の対応動向に関しても説明いたします。

国内の多くの金融機関様は平成29年~平成32年の対応が想定されますが、現在は規制の内容やその対応方法について情報収集をされている状況と存じます。

本講演をその一助として頂けますと幸いです。

大島氏略歴

日本銀行にて企業調査、マクロ経済分析に従事。その後、日系メガバンクの海外支店にて、ストラクチャードファイナンス業務に従事。

帰国後は、円貨ALMセクションにて、金利リスク管理高度化、流動性管理高度化の高度化に従事した他、融資企画セクションにて、信用ストレステストの導入、クレジットポートフォリオ管理の高度化、スペシャルファイナンスの融資企画、CVAの導入を行う。

その後、デリバティブポートフォリオの信用リスク分析、ヘッジ方法の高度化に従事。直近では、オペレーショナルリスク管理高度化、リスク運営に従事。

現在、デリバティブ証拠金規制に関して、全国の金融機関向けコンサルティング業務にも従事中。

17:00~17:30

『サービス利用型 デリバティブ証拠金規制ソリューションのご紹介』
株式会社電通国際情報サービス 金融ソリューション事業部

デリバティブ証拠金規制は、デリバティブ取引における必須の対応となります。

一方で、多くの金融機関様より規制対応にかかる運営・システム投資コストが取引量と比較して多大であるとのお声を多数伺っております。

弊社は当該規制に低コストかつスピーディーに対応可能な「サービス利用型のデリバティブ証拠金規制対応ソリューション」を提供いたします。

金融機関様のデリバティブ業務の継続とコスト効率化を実現するソリューションについて、デモ等を交えて説明いたします。

  • 講演内容・プログラムは都合により一部変更させていただくことがございます。予めご了承ください。

個人情報の取り扱いについて

  • 1.ご登録いただきました個人情報は、セミナーの運営に必要な範囲で電通国際情報サービスで利用させて頂きます。ご本人の同意なしにそれ以外の目的で利用することはございません。個人情報を第三者に提供する場合には、法令に特に定められた場合を除き、ご本人にその旨の同意を得た上で行います。
  • 2.個人情報は、弊社個人情報保護方針に基づき適切に管理します。
  • 3.個人情報の取り扱いを外部へ委託する場合には、利用目的に必要な範囲で行い、適切な個人情報保護水準にあると認められる事業者に委託します。

お問い合わせ窓口
株式会社電通国際情報サービス:下記のセミナー事務局までお問い合わせください。

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス 東京(本社)
金融ソリューション事業部 セミナー事務局 木下・庄司