人権の尊重

基本的な考え方

ISIDグループは、社内はもちろん、顧客・パートナーなどすべての人々との関わりにおいて、基本的人権、すなわち人間としての尊厳と価値を尊重します。お互いを認め合うことから相互理解が生まれ、それが革新的で創造性あふれる発想につながると考えます。
この考え方を基に、ビジネス遂行上の行動基準を倫理的観点でまとめた「私たちの行動宣言」およびISIDグループが所属する電通グループで制定した「電通グループ行動憲章」の浸透を継続して図り、全ての社員が人権に対する正しい認識を持つことにより、職場の内外で適切な行動がとれる事を目標としています。

人権尊重の取り組み

ハラスメント対策活動について

ISIDでは、人権に関わる課題の中でも特にハラスメント対策を重点的なテーマと捉えています。ISID社員のみならず、ISIDの事業に関わる全ての人々が不当な差別を受けることなく、それぞれの持ち場と役割に応じて存分に能力を発揮できる職場環境を維持するため、 全社員を対象としたアンケートを定期的に実施し、問題の早期発見と予防に取り組んでいます。また、eラーニング、コンプライアンスキャラバン、新規入社者向けオリエンテーションなど、各対象者に合わせた研修を継続して行い、ハラスメント防止に対する社員の意識向上を図るとともに、内部通報窓口として「倫理ヘルプライン」を設置し、職場で起こる様々な問題の解決に努めています。

人権スローガン募集を通じた社員啓発活動

人権スローガンの募集は電通グループ内のCSRおよび人権啓発への意識向上を図る施策として毎年行われており、ISIDも参画しています。本活動への参画を通じて、社会課題に対する新しい視点を発見する学びの場を社員および社員の家族に提供しています。

個人情報保護

「個人情報保護方針」については、こちらをご覧ください。