Looker主催のオンラインイベント「BEACON」に登壇

  • マーケティング
  • クラウド/IT基盤

ISIDは2020年9月3日~24日に開催されたLooker主催のオンラインイベント「BEACON Japan 2020」に登壇。LookerとLINEおよびLINE WORKSの連携など具体的な実例をご紹介しながら、最新のデータドリブンマーケティング手法について解説しました。本レポートでは当日の様子と講演内容についてお届けします。

「BEACON Japan 2020」とは

「BEACON Japan 2020」はLooker Data Sciences, Inc.が主催するオンラインイベントです。これからのデータ活用、デジタルトランスフォーメーションの促進に求められる情報を以下のトピックスを中心にLookerによる講演だけでなく、国内企業の活用事例を交えて紹介するイベントとなりました。

  • 最新のデータ活用や分析、DXの推進に必要な戦略とビジネスデザイン
  • データの民主化を広めて、ワークフローの効率化を図り、より柔軟なシステムを構築
  • データの付加価値を高め、新規サービスへ結びつける仕組み

ISIDは、9月24日に実施された「データモダナイゼーション」のセッションに登壇しました。

Looker × LINEで実現するデータドリブンマーティングとは?

ISIDからはコミュニケーションIT事業部 ⼭⽥志織と丹⽻ひかるが登壇しました。データドリブンマーケティングの実現に向け、データプラットフォームとしてのLookerがどのように活用できるかについて、事例を交えて紹介しました。

データドリブンマーケティングを実践するためのステップ

データドリブンマーケティング とは、書籍「データ・ドリブン・マーケティング」※1でデータ志向のマーケティングとして定義されており、フォーチュン500社の業績上位20%の企業に共通する成功の鍵とされています。しかし実際にはほとんどの企業はデータを売上やパフォーマンスの向上に転換できていないと言われており、それには以下の5つの障壁があると考えられています。

  • 1.何から手をつければよいのかわからない
  • 2.因果関係が不明
  • 3.データ不足
  • 4.経営資源やツールが不足
  • 5.組織や人の問題

今回の講演では、1と4について、どのように乗り越えることができるのか、「データ・ドリブン・マーケティング」に記載されている以下の対応策をもとに、具体的な実施方法の一例をご説明しました。

1.「何から手をつければよいのかわからない」の対応策

簡単なデータから始めて、クイックウィンを作る。

  • 最初からデータを100%揃えたり、100万ドル単位のインフラ投資を行う必要はない。
  • 80%の成果をもたらしそうな20%のデータが何であるかを見極め、そこから始める。
4.「経営資源やツールが不足」の対応策

データドリブンマーケティングのインフラを構築する。

  • 大きく考え、小さく始め、スピーディーに拡大していく。
  • 大きく考えるときに、データドリブンマーケティングの最終目標によって必要となるITインフラが決まり、またITインフラは容易にスケール拡大できる必要がある。

LINE × Looker で始めるデータドリブンマーケティング

圧倒的なリーチ力をもつLINEとデータプラットフォームとしての性質を持つLookerを組み合わせたインテグレーションを行うことで、将来的な拡張性を担保したうえで、クイックにデータドリブンマーケティングの実現が可能であることについてお話しました。また、ISIDが独自に開発したLINEカスタムActionの紹介とその活用例を、ケーススタディを交えてご紹介しています。

データプラットフォームとしてのLooker 〜 LINE WORKS連携による追客指示ソリューション

LookerはBIとして優れているだけでなく、データプラットフォームとしての性質を備えていることが大きな特徴です。Lookerが提供する外部アプリケーション連携機能を利用し、データ分析、処理結果をシームレスに外部アプリケーションと連携させた処理ができます。さらに、豊富なAPIを活用しWebサイトやアプリケーションへの組み込みが可能で、幅広い用途で企業におけるデータ活用を促進します。APIを活用し開発したLookerとLINE WORKS連携による追客指示ソリューションのデモを交えデータプラットフォームとしてのLookerの特徴をご説明しました。

ISIDのセッションでは多くの方にご視聴頂き、イベント後には多数のお問合せをいただきました。ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。講演内容やISIDが提供するLookerのインテグレーションサービスに関して、ご不明な点やご要望がございましたら、下記メールまでお気軽にお寄せください。

講演のアーカイブは下記をご覧ください。

  • ※1 出典:マーク・ジェフリー『データ・ドリブン・マーケティング 最低限知っておくべき15の指標(日本語)』(ダイヤモンド社、2017年)

2020年11月更新

 

製品・サービスに関するお問い合わせ

株式会社電通国際情報サービス
コミュニケーションIT事業部

E-mail:g-marketing-seminar@group.isid.co.jp