Salesforce World Tour Tokyo 2017に出展

  • クラウド/IT基盤

9月26、27日にセールスフォース・ドットコムが東京で開催した「Salesforce World Tour Tokyo 2017」は、2日間で8,200名を超える来場者を集め、国内最大規模のクラウド・イベントとして盛況のうちに閉幕しました。

ISIDは、今回ゴールドスポンサーとして出展。製造業向けおよび金融機関向けを中心としたソリューションやサービス・コンセプトを展示、発表しました。当レポートでは、ISID出展概要と当日の様子をダイジェストでお届けします。

ブース展示① フィールド業務支援クラウドサービス 「ServiceMax」

ServiceMaxは、クラウドプラットフォーム「Force.com」上で稼動するフィールドサービス業務に特化したアプリケーションで、業務フロー全般を可視化できる管理者画面と直感的な操作が可能なモバイル・アプリの機能を持ち、Salesforceとの親和性が高いのが特長です。
これまでにGEグループ各社、フィリップス、P&G、ソニー、トプコン等大手企業における豊富な導入実績を持ちます。また、IoTと連携させて製品の稼動状況や使用状況を把握することが可能で、ELECTA やMcKinley等での実績も出始めているところです。

展示ブースに訪れた来場者からは、「フィールドサービス業務向けに、これだけ機能が実装されているソリューションがあることを知らなかった」「導入企業が効果を出していることがよく分かった」といった声があり、関心の高さがうかがえました。

ブース展示② コンタクトセンター向けコンセプトモデル展示

コンタクトセンター業務を想定し、コンタクトセンターシステムとマーケティングオートメーションをHeroku Enterprise上で連携する新たなソリューションコンセプトの展示を行いました。これは例えば、顧客とコンタクトセンターのオペレータの会話を音声認識技術によりテキスト化し、単語やキーワードに関連するFAQや顧客の好みに合った商品情報等をオペレータ側の画面に自動で表示させるといったもので、リアルタイムに情報を表示することで顧客サービス向上にもつなげられます。

 

2日間で約600名の方にお越しいただきました。

ブースに訪れたセールスフォース・ドットコムEVPのDan Smoot氏(中央)とISIDメンバー

講演

展示ブース横に設けられたパートナーシアターでは、ISID社員が「金融業界におけるデジタル戦略~コンタクトセンターとマーケティングの融合~」について講演。メール、オンライン広告、SNS等を活用したマーケティングサービスとコンタクトセンターのオペレータによる”人”が介在したコミュニケーションを融合させるためのポイントを紹介しました。

展示ブース横で行われた講演の様子

講演は立ち見がでるほど大盛況でした

期間中は、ブースにお立ち寄り頂き、誠にありがとうございました。またイベントにお越しになれなかった方や十分な説明をお聞きになれなかった方もいらっしゃるかと思います。弊社ソリューションに関して、ご不明な点やご要望がございましたら、下記お問い合わせフォームよりお気軽にお寄せください。

 

 

2017年12月更新