日本の“まつり”RE-DESIGNプロジェクト 「ナマハゲ、東京に現る」映像公開

ISIDのオープンイノベーションラボ(イノラボ)が立ち上げた「日本の“まつり”RE-DESIGN プロジェクト」は、全国各地の民俗行事や祝祭が持つ豊かな精神性を、テクノロジーを用いて現代的に再解釈し、広く国内外に発信するプロジェクトです。第1弾は、秋田県の男鹿地方に古くから伝わる民俗行事「男鹿のナマハゲ」。「怠け心を諌める」「幼児への躾」といった比較的知られている意味合いだけではなく、「コミュニティの維持」や「家族の絆の醸成」など、「ナマハゲ」に内包される多様な解釈を紐解き、モバイルデバイスや各種センサー機器などが普及する現代の都市を舞台に、映像で再現するというものです。この取り組みは、ジェトロ(日本貿易振興機構)が公募する「オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査 文化を通じた機運醸成試行プロジェクト」として採択を受け、男鹿市の協力のもとで進めてきました。

このほど、映像作品「ナマハゲ、東京に現る」が完成し、インターネットで公開を開始しました。 「日本の“まつり”RE-DESIGN プロジェクト」公式サイトでご覧いただけます。

プロジェクト立上げのきっかけやメイキングの様子をイノラボメンバーが語った関連記事(ウェブ電通報「市原えつこ氏とイノラボがナマハゲをリデザイン」)もぜひご覧ください。

2017年2月更新