課題への対応

複数工場の購買、製造、搬送、品質が1つのシステムで管理できます。

ハイブリッド生産原価管理システム 組立系/プロセス系両者に対応でき、且つ受注生産/見込生産、製番管理に対応

生産管理の課題へ

AMMICはハイブリッド対応の生産原価管理システムです。

私共はハイブリッド型生産とは2つの「生産型式」と2つの「生産方式」に対応していることと定義しています。
一つ目がプロセス型と組立加工型の生産型式に対応していること。そして二つ目として、見込生産、受注生産及び個別受注生産に対応していること。一般的には後者の生産方式を指すことが多いですが、前者の生産型式にも対応していることが、AMMIC/Netシリーズの特長です。

複数工場・外注工場管理

生産管理の課題へ

マルチカンパニー機能の適用

AMMICマルチカンパニー機能により、同じ基盤の中で複数の会社や工場の管理が可能です。
拠点工場間の物商流管理はもとより、複数拠点をまたがったサプライチェーンにおいて、一括で所要量計算を実施することも可能です。

生産計画に納期回答・納期確約の機能を強化

生産管理の課題へ

従来の生産計画にプラスしたとATP/CTP機能の活用

需要と供給と負荷のバランスをもとにした生産計画作成画面により、生産シミュレーションを含めた計画立案が可能です。
また、AMMICの機能特長であるATP/CTPを用い、出荷可否判断の実施も可能となります。

ATPとは…納期回答機能

受注オーダーに対し、ATP計算実行時点での
「生産計画」「製造オーダー」をもとにして出荷可能日を回答します。

「今ある計画、手持ちの在庫で、新しく入ってきた受注は、いつ出荷できるだろうか?」

新たな受注に対し、当該品目の在庫、受注、生産計画を考慮し、いつ出荷できるか計算します

CTPとは…納期確約機能

受注オーダーに対し、ATP計算実行時点での
「生産計画」「製造オーダー」をもとにして出荷可能日を回答します。

「顧客からの希望納期に間に合わせるためにどのように手配したらいいだろうか?」

ATP計算では希望納期が満たせないと判明した場合、CTP機能によって希望納期に合わせた手配日を計算することが可能です。

納期回答・納期確約の機能の活用により、営業サイドからの顧客への納期回答や希望納期に添えない場合でも納入可能日が伝達できることから、顧客満足度の向上及び失注リスクの軽減が可能となります。

特長のある品目構成管理

生産管理の課題へ

AMMIC Netシリーズでは品目及び構成管理は以下の考え方で定義します。

製造パターンにより、同一品複数パターン製造の定義が可能です。
員数、工順(工程)情報、原価構成要素だけでなく、検査項目、検査情報の登録、成分構成、などを紐付けできるため、 この情報をもとにした積上げ計算、製造指示、検査指示等を行うことが可能です。

支給形態、物流形態に即した管理

生産管理の課題へ

  • 有償支給/無償支給への対応
    • 両者共に機能対応しています。また、外注先にある支給在庫を加味した形でのMRP計算も可能です。
  • 渡り外注への対応
    • 受入処理により、同時に支給・受入トランザクションを発生させます。
  • 外注への指示
    • 外注に対しては注文書だけでなく、製造指示書も出力可能です。

豊富なEUC機能による柔軟な対応

生産管理の課題へ

AMMICのWebベースでのEUC機能

日本発の生産管理パッケージであるAMMIC/Netシリーズでは、日々変化し複雑化するユーザニーズにして、高機能な汎用画面とEUC機能をご用意しています。Webベースで同様機能を提供しており、開発期間や導入費用を抑えた対応が可能です。

※ モバイル端末サポートは2015年内の対応予定です。
  • WebベースのBIツールで分析専用ユーザのニーズにも対応
    • WebDA ダッシュボード
      • 分析画面の作成、保存、共有が可能です。
      • Webベースなので、ブラウザ経由でPCやモバイル端末からアクセス可能です。
      • また、ダッシュボード使って複数の情報を一度に閲覧可能であり、ドリルダウン、ドリルアップ、軸変更、フィルタリング等の分析操作が可能です。
  • 高機能で汎用性の高い2つのデータ参照画面で、多くのユーザニーズに対応
    • ワークリスト画面機能
      • マスタやオーダーで作成/処理されるデータ情報を一覧表示し、業務オペレーションに連携する機能
    • クロス照会画面機能
      • ユーザが集計単位や分析視点を自由に変更できる簡易BIツールです。
  • プログラムレスのEUC機能を使い、ユーザが自分で画面をアレンジ可能
    • フォームデザイナー・計算式フィールド条件付書式・ナビゲーションメニュー

WebDAの活用により、「エクセルライクな操作性」を実現し、管理レポートの作成が簡単にできるようになります。
また、AMMICの生データをダイレクトに参照が可能となり、「リアルタイムの情報分析」が実現できます。

ロットトレースと在庫ロック

生産管理の課題へ

影響範囲を最小化する為の一括在庫ロック機能も装備

品質問題発生時の影響範囲をいち早く把握し、迅速な対応を図ります。
ロットトレース機能では、問題のある品目を起点に、1画面から、トレースバックによる問題特定・トレースフォワードによる影響調査が可能です。また、紐付く出荷情報や、在庫の検索、在庫のロック等も、同じ画面から操作可能です。

  • 複数のロット管理方式に対応

    AMMICでは複数のロット管理方式に対応しています。また、各オーダに様々なロット番号を付与出来るので、 管理粒度に応じた柔軟なロット運用が可能です。

    ロット管理方式 概要 ロットトレース ロット別在庫管理
    フルロット管理 在庫受払すべてをロット単位で実施。ロット単位で在庫数管理 可能 可能
    ソフトロット管理 在庫を払出する時に、払出するロットをオーダに記録。 可能 不可
    ロット管理なし 不可 不可
  • 緊急時の一括在庫ロック機能

    業務的な影響拡大を防ぐ為に、原因となった品目・ロットの使用先を検索し、その出荷・出庫をブロックする機能を活用することができます。

きめ細かい出来高管理と在庫管理

生産管理の課題へ

ダイナ在庫機能による、柔軟な在庫管理機能

ダイナ在庫とは、在庫情報に対して任意の追加のキーを持たせる機能です。
製造、購買実績登録時(受入時)に、在庫情報に品目属性(厚みや、容器、入り数 等)を付与する機能です。
当機能により、個別にそのスペックに対応した品番登録は必要ありません。

一般的な在庫管理とAMMICの管理を比較

当機能の活用により、品番を細かく採番することなく、管理が可能となります。
きめ細かい在庫の管理だけでなく、同タイミングでの複数の工程への払出しのために物理的に容器が複数存在しなければならないような場合も、品目+容器の個数で対応可否を判断できます。

連産品管理及び副産物管理

AMMICでは、一つの材料から複数の製品を同時に製造する連産品に標準で対応しており、共通材料の消費量を容易に登録出来ます。
また、AMMICでは、製造工程で発生する副産物(再生資源や廃棄物)の管理に対応しており、標準使用材料と振り替えて使用することが可能です。