生産管理の課題解決

複数工場の購買、製造、搬送、品質が1つのシステムで管理できます。

昨今の経済状況の変化から、日本企業はグローバル化だけでなく国内回帰の流れにも対応する必要も出てきており、ビジネス変化を含めた経営判断が求められています。このビジネスを支えるITにはこれまで以上の柔軟性・拡張性が求められ、変化への対応力や見える化といったキーワードへの対応力が必要な局面となっています。
サプライチェーンの変更や複雑化に伴うシステム変更、製品の収益性を測るためのコスト把握、品質問題への迅速な対応など、これまで以上に生産管理の仕組みとして求められる要求に対応できること。それが今日の生産管理の課題となっています。

  1. 1調達

    生産形態の変更にシステム対応したい AMMICで解決 ハイブリッド生産原価管理システム

    詳細な品質/検査の管理ができない AMMICで解決 特長のある品目構成管理

  2. 2生産

    出来高及び在庫の正確な数量、状況を把握したい AMMICで解決 きめ細かい出来高管理と在庫管理

  3. 3物流・販売

    特急オーダー等発生時の対応ができない(影響や納期回答の迅速な対応) AMMICで解決 納期回答・納期確約による顧客満足度向上

    複数の包装形態、荷姿管理ができない AMMICで解決 支給形態、物流形態に即した管理

    複数工場をまたがるサプライチェーンの管理がしたい AMMICで解決 複数工場・外注工場管理

  4. 4保守

    品質問題発生時の原因と影響範囲の迅速な特定がしたい AMMICで解決 ロットトレースと在庫ロック

    市場や新製品の変化に追従できるシステムの柔軟性がほしい AMMICで解決 豊富なEUC機能による柔軟な対応

生産管理の課題への対応

詳細へ