課題への対応

複数工場の購買、製造、搬送、品質が1つのシステムで管理できます。

原価シミュレーション 原価種別の定義や予算原価機能により、各種シミュレーションが可能

原価管理の課題へ

複数パターンの原価計算とシミュレーション

予算シミュレーション

AMMICでは、予算用生産計画と直近の原価情報をもとに予算シミュレーションを行うことができます。
実際原価計算と同じロジックを用いて原価積上計算を行うため、より実態に近い予算原価情報を把握できます。
また、実際原価と同様に、目的ごとに複数のバージョンで算出及び結果の保持ができるため、実績・実際原価との予実分析も可能です。

製品別原価計算 製品別実際原価計算に対応品目・要素別原価把握可能

原価管理の課題へ

原価モデルのイメージ

多様な原価計算機能 同一システムにて標準・実績・実際全ての原価計算種別に対応

原価管理の課題へ

原価計算機能の種類

予算原価
  • 予算原価シミュレーション
  • 予算原価
実績・実際原価
  • 実績原価
  • 実際原価・累計原価
  • 標準原価(標準原価差異分析)
  • 生産オーダー別原価
  • ロット別原価
原価標準
  • 原価標準

    (製品1単位あたりの標準的な原価)

マルチサイト原価計算機能 原価サイト定義により、単体及び多拠点・グループ会社をまたがった原価計算が可能

原価管理の課題へ

マルチサイト原価計算

個別計算

自社拠点・子会社の原価サイトを分けることで各拠点・個別会社単位での評価単価・入出庫数量・在庫金額を管理可能です。

原価サイトごとに売買(支給・加工・仕入)の取引単位で積上げられるため、各拠点・グループ会社間で売買(支給・加工・仕入)取引が発生した製造品については、製造原価に内部利益を含んだ金額になります。

グループ計算

原価サイトを1つに設定することで、各拠点・グループ会社を含めた全体での、評価単価・入出庫数量・在庫金額を管理可能です。

拠点間、グループ会社間の売買(支給・加工・仕入)取引は金額の移動を伴わない「在庫移動」とみなされるため、内部利益を除いた純粋な製造原価が積上げられます。

要因単位の差異分析 原価要素別差異分析及び、さらに要因単位に細かく分析可能

原価管理の課題へ

差異分析イメージ

標準原価と実際原価:標準原価(標準原価差異分析)と差異金額内訳

上の差異分析の例

直接材料費
購入価格は8,000円上昇しているが、為替差異によって原価要素の差異合計は5,000円に収まっている。
設備費
原価要素単位の差異金額は0円だが、実際には、時間差異15,000円と賃率差異-15,000円で相殺されている。

EUC機能 必要なデータを必要なタイミングで分析、分析軸の変更にも柔軟に対応可能

原価管理の課題へ

EUC機能については、「生産管理の課題解決」のページをご参照ください。