ISIDコンサルタントのつぶやき

ISIDでは、毎年数多くの製造業様向けシステム導入のお手伝いをさせていただいております。その中で弊社コンサルタントが実務を通じて得た知見や、感じたことなど、製造業の皆様のお役に立つ情報を発信していきたいと思います。

原価分析システムの導入/運用開始のポイント

「原価の見える化」は、あらゆる業種・業態においても実現したい事項の一つに挙げられます。特に、製品別実際原価計算や原価差異分析についてのニーズは依然高く、引合も多くなっています。

原価管理とは、期首の予算策定や標準原価計算、期中での期末到達点、見込みの原価計算、実際原価計算、原価差異分析、そして翌期の予算策定や標準原価計算等、原価管理のPDCAサイクルを廻していく中で、コスト削減などの課題を解決する企業活動になります。
この活動を支える原価管理システムは、原価管理のPDCAサイクルを廻す上で、データ収集、原価算出、結果分析のツールとして利用されます。ここでは、原価管理システムの「原価分析のためのツール」という側面に焦点を当てて、あえて「原価分析システム」と呼ぶことにします。

いくつかのお客様の「原価分析システム」の導入に関わらせていただいた中で、「原価分析システム」を導入し、運用を始める上で、シンプルではあるものの、以下の3つのポイントがあると感じています。
今回はその3つのポイントについて記します。

1.できることから進める。

「原価分析システム」を導入するにあたり、原価モデル(=原価の計算方法)については現状から変更する点が多いかと思います。新たなシステム導入で現状のやり方にメスを入れ、多くの課題が解決することが期待されますが、すべての点をシステムとその運用で改善することは難しいのが現状です。

その場合は、システムや運用ですぐに対応できないところは、代案を検討し、運用を進めながら改善する形が望ましいです。まず、運用を始めるのが第一。
一部の機能、一部の製品グループでもかまいません。ベースとなる機能についてはしっかりと構築しておく必要がありますが、運用を始めれば分析が進み、新たな課題を見出すこともあれば、新たな解決策が見つかることもあります。
運用を進めながら課題を解決し、分析の精度を上げていく。
これが1つ目のポイントになります。
代案例としては、実際原価において、費用すべてを製品別に配賦する点に課題があった場合に、部門毎の実際賃率を算出し、それを利用して原価積み上げ計算をして対応するなどです。精度は当初想定よりも落ちるかもしれませんが、分析は始めることができます。

2.チェック機能を充実させる。

原価計算は、標準原価にしろ、実際原価にしろ、一つ一つのデータの積み上げとなるため、その一つ一つのデータの精度が重要です。データ精度をいかにチェックできるか、また、そのチェックを運用として定着できるか、がポイントになります。
データをチェックするポイントは、導入時にあらかじめ想定できるものもありますが、運用の中で見出せるものも多々出てきます。そのため、「原価分析システム」としては、チェック機能を容易に追加できる機能を兼ね備えていることが望ましいです。チェック機能を充実させ、運用の中で使っていく。
これが2つ目のポイントになります。

3.手法を横展開する。

課題を解決させた方法や、データをチェックする方法は、別の場面にも活用できる場合が多いです。同じ手法を他の計算に横展開する。これが3つ目のポイントになります。
例えば、標準原価計算において品目構成や単価の欠落をチェックしている手法を、実際原価計算にも活用するなどです。手法を横展開することで、原価分析の守備範囲を拡げられるようになります。

エンタープライズソリューションコンサルティングユニット
SCMコンサルティング2部 コンサルタント
林 佐千男

コラム記事一覧へ