ERPとクラウド

電通国際情報サービス(ISID)は、SAPジャパンと共同でSAP ERPのクラウドサービスを開発し、日本を含むアジアで最初に提供を始めました。

ISIDが考えるクラウド・コンピューティングの特長と、ERPクラウドにまつわるよくある質問、クラウドサービスによって実現されるBusinessACXELのメリットについてご紹介します。

ERPクラウド化の実現

クラウド・コンピューティングの登場によって、自社の資産としてITを保有するというこれまでの考え方に加え、ITを経費で利用するという選択肢が増えました。しかし、自社の業務オペレーションを支える基盤であり、企業の生命線である基幹システムをクラウド化するにあたって、ユーザーは様々な不安と課題を抱えています。セキュリティは大丈夫だろうか?他システムとの連携はできるのか?変化するビジネスに柔軟に対応できるか?ビジネスの継続性は担保できるか?…「ERPクラウド化の壁」とも言えるこれらの問いに、ISIDは「プライベート・クラウド」を利用したサービスで回答いたします。

ISIDが考えるプライベート・クラウドとは

クラウド・コンピューティングの技術を活用することで、ISIDが所有する共通のハードウェアと運用体制によるサービス提供を実現しています。これにより、自社保有の場合に必要なシステム導入・運用コストの削減にとどまらず、ISIDの管理による十分な災害対策と、高い事業継続性の担保が可能になります。「持たざるIT」による「持たざる経営」。経営資源を厳選し、人材育成の時間とコストをセーブしつつ、事業リスクの排除とビジネス変化への速やかな対応を両立します。

ERPとクラウド

BusinessACXELの資料ダウンロードをご希望の方は、以下よりお申込みください。

資料ダウンロード

BusinessACXELの資料の郵送をご希望の方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-6713-7100(平日:9:30〜17:30)