株式会社ジェイアイエヌ様の導入事例

クラウドサービスBusinessACXEL for SAP® ERPでSAPシステムを短期導入し、柔軟な業務基盤を整備

導入の背景

システム同士が連携し、二重入力をなくし、内部統制的な課題を解決したい

株式会社ジェイアイエヌ様の従来のIT環境は、会計、販売管理、在庫管理などのシステムが個別に運用され、管理も各業務部門に任されていました。
執行役員 経営企画室 室長の冨田晋輔氏は当時を次のように振り返ります。

「システム同士が連携していなかったので、販売管理システムのデータを紙に出力して会計システムに転記するといった二重入力も発生していました。原価管理では、事業部が提出したデータを管理部門が追認するなど、内部統制的な課題を抱えていました」

そこで同社は、業務改革プロジェクトの一環としてシステムを全面刷新し、会計、販売管理、在庫管理などを順次新システムに統合する方針を打ち出しました。

導入のポイント

「持たざる経営」ポリシーに合ったクラウド型SAPソリューションを採用

必要な機能がすべて設定された総合的なクラウドサービスでありながら、同社の『変化にすばやく対応できるよう、なるべく資産は軽く、投資回収は迅速に』を実践する“持たざる経営”のポリシーに合った、資産を持つことなく柔軟、スピーディーにSAP ERPを活用できるBusiness ACXELを採用いたしました。

また、エンジニアの対応力も重要な評価ポイントになりました。「プロジェクトの提案段階からプロジェクトマネジャー候補の方にお会いして、任せられる人物であると判断できたことが、ISIDを選定した決め手です。

導入効果

  • クラウドに移行したことによるシステムのパフォーマンス向上
  • 会計基盤の強化による、経理チームのモチベーション向上
  • さまざまな会計指標の推移を追うことが可能となり、情報の可視化が可能に

2012年春に同社ではPOSレジを刷新し、8月には新たなMD基幹系システムをリリースする予定です。ここでは中核となる販売管理、在庫管理、購買管理をBusinessACXELで構築するとともに、SAPが提供する輸出入管理モジュールなどとも連携していきます。
ジェイアイエヌのクラウド型基幹業務システムの活用はスタートを切ったばかりですが、今後も同社のビジネスに大きく貢献していくことは間違いありません。

株式会社ジェイアイエヌ様
本社所在地: 東京本社 東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号 住友不動産原宿ビル 20F
前橋本社 群馬県前橋市川原町二丁目26番地4
代表者:代表取締役社長 田中 仁 URL:http://www.jin-co.com/
設立:昭和63年7月 資本金:518,500千円
事業内容:
1988年創業。中核事業であるアイウエアブランド「JINS」のほか、レディス雑貨ブランド「Cours de Couleur」やメンズ雑貨ブランドの「NAUGHTIAM」などのファッションアイテムを、企画から、生産、販売まで自社で一貫して手がけるSPA方式で展開。
「JINS」では低価格のセット販売や、用途に応じて使い分ける機能性アイウエアの付加価値提案など、独自のビジネスモデルが注目を集めている。

※本システムは2015年5月よりAmazonWebServices(AWS)上で稼動しております。

資料ダウンロード

BusinessACXELの資料ダウンロードをご希望の方は、以下よりお申込みください。

資料ダウンロード

BusinessACXELの資料の郵送をご希望の方は、以下よりお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ:03-6713-7100(平日:9:30〜17:30)


電話でのお問い合わせ 03-6713-7100(平日:9:30〜17:30)