ISID IT Solution Innovator株式会社電通国際情報サービス

サイト内検索

ホーム > ソリューション > ERP(基幹業務)ソリューション > SAPによるERP構築 > SAP拡張ソリューション > SAPアップグレード支援サービス Panaya > 自働プログラム修正機能

ソリューション

クラウドコンピューティングで進めるSAP® アップグレード支援サービス「Panaya」

  • Panayaトップ
  • アップグレードオートメーション
  • 自働プログラム修正機能
  • レポートサンプル
  • クレンジング・オートメーション
  • コンソリデーションオートメーション
  • SPオートメーション
  • フリートライアルお申し込み

自動プログラム修正機能概要

Panayaは、グリッド・コンピューティングと高度なアルゴリズムを駆使して、膨大なSAPアプリケーションの標準プログラムと顧客によるアドオンプログラムの構造解析を実行することにより、SAPアプリケーションのアップグレードに必要なプログラム修正やテストをタスクとして提示します。自動プログラム修正機能(AutomaticCodeCorrection)は、この提示された全タスクの中から自動修正が可能なタスクを抽出し、修正ソースコード案を出力します。
さらに、ユーザーはPanayaの修正ソースコード案を承認することで、実際のSAPアプリケーションにソースコードを反映することが出来ます。(図1)

図1:修正提案の一覧と提案されたソースコード案

導入ステップ

4ステップの簡単導入!

  • Step.1 チェック・承認
    ユーザーはPanayaから提案された修正内容をチェックボックスを付けることで承認します。
  • Step.2 ダウンロード
    承認した修正ソースコードをダウンロードします。
  • Step.3 SAPへの適用
    SAPシステムへ登録を行います。
    登録はPanayaから提供されるインポート用のプログラムを実行することで行われます。
  • Step.4 反映・確認
    SAPシステムで移送依頼が取得され、修正ソースコードが反映されます。

導入効果

1) プログラム修正工数の削減

ACCの適用範囲は、アップグレード・プロジェクト全体のプログラム修正のうち、平均60%(※1)です。PanayaのACCを利用することで、機械的に自動修正を行うことが可能となり(※2)、劇的に修正工数を削減します。

2) 品質の向上

ACCを利用することで仕様設計者から開発者への仕様伝達の必要が無くなります。修正はACCの結果を承認し確認する、というプロセスに変わります。修正の際に発生する人的ミスを排除出来ること、仕様伝達時のコミュニケーションミスが無くなることから、品質向上に寄与いたします。

  • ※1. 2010年Panaya社調べ。(コスト削減効果は、アドオンプログラム数やシステムの利用状況などにより変動)
  • ※2. ACCは「Fixed Automatically」、「Semi Automatic」の2種類で提案。
    Fixed Automatically:ACCから提案された修正ソースコード案をそのまま適用出来るプログラム
    Semi Automati:ACCから提案された修正ソースコード案に加え、なんらかの判断が必要となるプログラム

クラウドコンピューティングで進めるSAPアップグレード支援サービス「Panaya」

  • Panayaトップ
  • アップグレードオートメーション
  • 自働プログラム修正機能
  • レポートサンプル
  • クレンジング・オートメーション
  • コンソリデーションオートメーション
  • SPオートメーション
  • フリートライアルお申し込み

Panayaフリートライアルのお申込みについて

お客様のSAP環境のアップグレードにかかるコストと工数を無料診断します。

フリートライアルのポイント

Point1 開発機でプログラムを実行するだけ Point2 本番システムへは影響を与えません Point3 お客様の作業はたったの30分 Point4 2-5日後にコストや工数を提示します

ご提供する内容

Point1 アップグレードプロジェクトの概要 Point2 修正対象オブジェクトのサマリー Point3 テスト対象トランザクションのサマリー Point4 その他、必要に応じて詳細な説明を実施します

Panaya資料編

Panayaに関する詳細については、以下の資料をダウンロードの上、ご覧下さい。

ERP(基幹業務)ソリューションに関する資料をご希望の方は、資料請求ページよりお申し込みください。
資料請求
ERP(基幹業務)ソリューションの機能や導入に関して詳細を知りたい方はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
お問い合わせ