プレスリリース
2006年 11月 10日

Seasar2商用サポートサービスの拡張について

   
 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81億8,050万円、代表取締役社長:水野紘一、以下:ISID)は、2005年11月に開始したSeasar2商用サポートサービス(*1)を拡張し、サポート対象モジュールを追加すると共に、新たにバージョン固定サービスを開始することを発表致します。

 Seasar2(*2)は、特定非営利活動法人Seasarファウンデーションによって開発・管理が行われているオープンソース・ソフトウェアであり、過去1年間でそのプロダクトラインが大幅に拡充されました。これに伴いISIDでは、Seasar2利用者のニーズに対応するため、Seasar2のサポート対象モジュールを追加することと致しました。サポート対象モジュールは、今回追加した6モジュールを含めた以下のモジュールになります。

Seasar2, S2Dao, S2Flex, S2JSF, S2Struts, S2Hibernate, Teeda, KuinaDao, S2Dxo, 2Flex2, S2HibernateJPA, Chura(Seasar2, Teeda, KuinaDao, Dolteng, Uujiより構成されるスタック)

 また、Seasar2利用者からは、Seasar2のエンタープライズ利用の増加に伴い、アプリケーション開発を行った際に利用した特定のSeasar2バージョンに対する継続的サポートの要望が高まっています。ISIDは、これまでSeasar2の最新版のみをサポート対象としていましたが、こうしたニーズに応えるために、プロダクトのリリース後最長で7年までのバージョンをサポート範囲とするバージョン固定サービスを開始致します(*3)。

 バージョン固定サービスでは、お客様の開発したアプリケーション毎に、開発に利用したSeasar2のモジュールを弊社環境に保持することにより、お客様固有の問題に対し柔軟かつ長期に渡るサポートを提供することが可能となります。

 今回のSeasar2商用サポートサービスの拡張は、早いスピードで変化を続けるオープンソース・ソフトウェアの利点を追求すると共に、エンタープライズ利用において必須となる中長期のサポートサービス提供を図ることで、Seasar2をより安心してご利用頂くことを目指しています。ISIDは、今後もお客様のニーズに応じて、オープンソース・ソフトウェアのサービス拡張を図って参ります。

当サービスに関する詳細:http://www.isid.co.jp/solution/oss/index.html
Seasar2商用サポートサービスに関するお問合せ:g-oss@group.isid.co.jp

*1:Seasar2商用サポートサービスは、ISIDが2005年11月8日より開始したSeasar2に関連するヘルプデスク及び不具合修正を提供するサービスです。
*2:Seasar2は、国産のオープンソースJavaアプリケーション開発フレームワークです。特定非営利活動法人Seasarファウンデーションが、ソフトウェアの開発に関わる管理及び運営を行っています。
*3:不具合の修正は、過去3年内にリリースされたバージョンに対して提供致します。問合せに関する対応は、過去7年内にリリースされたバージョンに対して提供致します。

以上


* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。
Copyright