ISID IT Solution Innovator

株式会社電通国際情報サービス

  • English

ホーム > プレスリリース > 2009年 > ISID、HDTV映像伝送技術でNICTの実証実験に参加

プレスリリース

2009年

ISID、HDTV映像伝送技術でNICTの実証実験に参加
〜さっぽろ雪まつり会場映像を韓国に伝送しHDTV放送に利用〜

2009/02/10

株式会社電通国際情報サービス

株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81億8,050万円、代表取締役社長:水野紘一、以下ISID)は、独立行政法人情報通信研究機構(本部:東京都小金井市、理事長:宮原秀夫、以下NICT)が実施した仮想化ネットワーク※1を利用した未来型放送利用実験に参加し、株式会社毎日放送(以下MBS)、北海道放送株式会社(以下HBC)、OBS京仁TV(韓国、以下OBS)とともに世界で初めてProRes422コーデック※2を用いたIPネットワーク※3によるHDTV※4映像伝送による本放送の生中継に成功しました。

実験の概要

この実験は2月5日に開始され、NICTが運用・管理する研究開発テストベッドネットワーク「JGN2plus※5」が来年度からサービス開始を予定している仮想化ネットワークを利用し、各種の未来型放送技術に関する実験を行ったものです。

ISIDでは、Apple社製Macを利用したHD映像伝送システムを開発しており、このシステムを使用して、HBCが撮影したテレビ映像を JGN2plus、KOREN (Korea Advanced Research Network)のIPネットワークを経由して、OBSまで伝送し、テレビの生中継を実施しました。本番での生中継時間は連続13分にもおよびました。


<機器構成図>

今回の実験では、送信側にMacPro(8コア)、受信側にXserve(8コア)を採用し、ISIDが開発中のHD映像伝送システムQualImage/422を使用しました。映像入出力インターフェースにはHD-SDI※6、コーデックには、Apple社製ソフト・コーデックProRes422を採用しており、約240メガビット/秒の伝送帯域を利用して放送局のスタジオ品質のHDTV映像伝送が可能です。ISIDでは、今後も放送・通信融合分野での研究を続けていきます。

  • ※1. 仮想化ネットワーク
    1台の物理ルータを複数の論理ルータとして動作させる仮想化ルータ技術、ネットワーク上の複数のストレージ装置をあたかも単一の抽象ストレージとして取り扱う仮想化分散ストレージ技術などを組み合わせることで、ネットワークを仮想化する技術。クラウドコンピューティングのベースとなる技術で、今後の普及が期待されている。
  • ※2. ProRes 422
    Apple社が開発した映像圧縮技術で、同社製の映像編集ソフトFinal Cut Studio2に含まれている。Full HD 1920 x 1080iピクセル、10bit深度処理、4:2:2クロマサンプリング、Iフレーム・オンリーという構成である。標準画質と高画質(HQ)の2つの画質モードが用意されている。ProRes 422では、エンコーディング後にも高画質が維持されるだけではなく、エンコードとデコードを複数回繰り返しても画質劣化が極めて少ないという特徴も併せ持っている。ProRes 422の詳細は以下のURLを参照。
    http://images.apple.com/jp/pro/pdfs/ProRes422_WP_070518.pdf
  • ※3. IPネットワーク
    Internet Protocolの略で、通信手順の取り決めひとつ。個々の機器に「IPアドレス」と呼ばれる識別番号を割り当て、データを「パケット」という小さな単位に分割して伝送する。インターネットや企業内ネットワークなどで使用されている通信方式で、その利用は急速に拡大している。
  • ※4. HDTV
    High Definition Televisionの略で、現在のテレビより走査線の数を増やして画質を向上させた高精細度テレビ方式の画像品質のこと。現在日本や北米で普及している NTSC方式は走査線が525本であるのに対して、HDTVでは1080本に増え、その分画質が向上する。地上デジタル放送、BSデジタル放送などで採用されている。
  • ※5. JGN2plus
    NICTが2008年4月から運用しているオープンな研究用の超高速・高機能研究開発テストベッドネットワーク。
  • ※6. HD-SDI
    High-Definition - Serial Digital Interfaceの略で、SMPTE (Society of Motion Picture and Television Engineers − 全米映画テレビジョン技術者協会) が策定した放送機器向けのデジタル映像・音声入出力インターフェース規格。1本の同軸ケーブルで映像・音声・制御信号をまとめて送受信するため、ある程度距離があっても伝送可能で、配線やケーブルの取り回しが容易である。

お問い合せ先

株式会社電通国際情報サービス 事業推進本部
開発技術センター 熊谷
TEL:03-xxx e-mail:dv-info@isid.co.jp

以上

本リリースのPDFはこちらをご覧ください。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。